TOPへ戻る

根管治療

他医院で治療結果が十分でなかった方の再治療も行っています。

再発しない、短期間で終わる精密根管治療

・ 根管治療をしているが、いつまでも良くならない、痛みがとれない
・ いつまで治療が続くのか分からない、不安
・ 抜歯を勧められたが、できれば歯を残したい

吉本歯科医院には、こういった患者さんがたくさん来院されます。

 

マイクロスコープを用いた精密歯科治療

当院では、マイクロスコープを導入しています。マイクロスコープは、肉眼では見る事の出来ない細かな部分を、顕微鏡レベルでの拡大範囲で確認することができます。治療精度や安全性の向上だけではなく、患者様に治療の様子をわかりやすく説明できるようになったことで、治療の理解度が格段に上がります。

 

CTスキャンを用いた正確な診断

CTスキャンによって、歯科診断環境に妥協のないパフォーマンスと快適さを提供することが可能です。神経や血管の位置や骨の状態、病状の進行具合などさまざまな情報をこれまで以上に確認することができます。従来のX線写真では「見えなかった」ものが見え、「分からなかった」ものが分かるようになり、より確実な診断や治療が実現可能です。

 

歯を残すための根管治療

根管治療とは

根管治療とは、むし歯が神経まで達している場合、根管(歯の神経が入っている管)から細菌を除去し、根の先まで薬剤を詰める治療のことです。むし歯が歯の中の神経まで進んでしまうと、夜も眠れないほどの強い痛みが出ることがあります。

歯科医院では、この痛みを止めるために歯髄( 神経やリンパ管など)を取る『抜髄』という治療を行います。
歯髄を取った歯は、このまま放置しておくわけではありません。
放置すると、根管内に細菌が入ります。
また、密閉する薬剤がしっかり詰まっていないと細菌が繁殖し、歯根の先の歯周組織に炎症を引き起こします。
歯肉を押すと痛む、歯肉の下の方が腫れたり膿が出る、硬いものを噛むと痛む、などの症状が出ます。
そうならないために行うのが、根管治療です。

根管治療は目に見えないごく細い根管内を治療なので、技術が必要で治療に時間がかかります。
しかも根管の形状はまっすぐではなく、曲がっていたり、複雑に枝分かれしています。
特に大臼歯などの根管は3〜4本など複数あるので、それらすべてに完璧な治療を行う必要があります。

 

根管治療の流れ

歯の神経を取った後に根の長さを計ります。

汚染された歯の根の部分を掃除しきれいにします。
吉本歯科医院では、ここで「ニッケルチタンファイル」という特殊な器具を使用します。
通常の器具よりも柔軟性が高く、曲がった根の中もスムーズに掃除することが可能です。
歯の根の中を徹底的に奇麗にできるかが、根管治療成功の鍵です。

根の中に薬を入れて消毒します。

消毒が終わった後に、薬などを入れて密封します。

症例によっては金属の土台をいれます。

被せ物をして治療終了です。

 

実際の治療例

治療例1

他医院で治療をした歯が痛む、ということで来院された患者さんです。

レントゲン写真で白く細長く写っている線が、根管治療で詰めたお薬です。根管の先まで到達していないのと、お薬が劣化していて細菌が繁殖したことが痛みの原因と考えられます。

 

根管の先端までしっかりと器具を通して完璧に奇麗にします。

 

薬を詰めて密閉しました。根管の先までしっかりと白く写っています。

 

治療例2

こちらも、他医院で治療が終わった後に、歯茎の腫れが原因で来院された患者さんです。

治療例1と同様に、根管の先まで十分に薬が充填されていません。

実際の根管の先は、上記レントゲンで示した位置までありました。

根管の先まで充填し密閉、被せ物をし、治療完了です。

治療例3

治療前

再根管治療が必要になるケースはほとんどの場合が、根の先まで十分にお薬が入っていないことが原因です。

治療中

臼歯(奥歯)の根は複数あり、この歯の場合は3本ある根全てを再治療しています。

治療後

それぞれの根の先端まで薬剤が充填されています。

 

治療例4

治療前

虫歯によって歯に大きく穴が開き、根管に感染が起こっています。

治療中

根管の洗浄・消毒を行います。

治療後

薬剤を密封し、詰め物をした状態です。

 

治療例5

治療前

このケースも根の先まで十分に充填されていませんでした。

治療中

実際の根の先端は、上記レントゲンで示した位置です。

治療後

充填を行い、被せ物をして治療完了です。

治療例6

治療前

虫歯が大きく、根管に感染が起こっています。

治療中

根が曲がっていますが、ニッケルチタンファイルによって感染された部位を徹底的に奇麗にします。

治療後

根の先端まで薬剤が充填されています。

根管治療を行うことにより治療の影響で痛みが出ることがあります。

根管治療が長引いて不安な方、治療後すぐに痛みが出てしまった方など、お気軽にご相談下さい。

料金の目安

検査・レントゲン撮影を全体的に行った場合

3000~4000円 

検査・レントゲン撮影を行わなかったり、部分的に行った場合

1000~3000円 
(歯が痛くて我慢できないために急きょ歯の神経を取り除くなど、初診時から大がかりな治療を行った場合は5000~6000円かかることもあります)

根管治療 ブログ